美白

【知らないと損】美白になれる食材がある?

美白になれる食べ物

昔はガングロギャルなどが流行ったりサーフィンが流行ったりして黒くてスポーティーな女子がかっこいい!!という時代がありましたよね。

ですが、ここ10年近くの間にすっかりとガングロギャルは消えいつの間にか美白が大ブームに。

(鈴木その子さんはブームの火付け役?!)

日本人はもともと黄色人種ですが元々すごく白い人がいるなか地黒の人も多いですよねヽ(;▽;)

そんな地黒さんにオススメなのが食材で内側から白くしていくこと!!

セルフケアで美白へ近づきましょう*

美白になる前に知っておきたい知識

どうして日焼けをするのか

皮膚の中には、
太陽の光を遮ってサングラスのような役目をするメラニンがあります。
日に当たると、このメラニンがたくさん出てきて皮膚が黒くなります。
これを日焼けと言っているのです。
メラニン日焼け

紫外線が入り過ぎないようにメラニンが紫外線を吸い取ってくれます。
なので紫外線を大量に浴びることによりメラニンが大量に増えて肌が黒くなるということです。

日焼け

トップページに戻る
目次へ戻る

 

日焼けをしないためには

みなさんも知ってのとおり日焼けをしないために欠かせないのが日焼け止めですね。

最近ではSPF50+,PA++++という優秀な商品も販売しています。

その上日焼け止めクリームだけではなく
日焼け止めスプレー
日焼け止めスプレー

出典:@cosme

日焼け止めパウダー
日焼け止めパウダー

出典:@cosme

日焼け止めバー
日焼け止めバー

出典:@cosme

など、様々な用途で使える商品が増えました。

トップページに戻る
目次へ戻る

 

本題!美白になる成分

美白成分を体内へ

ビタミンA β(ベータ)カロチン

ビタミンAは皮膚や粘膜を作るために必要な栄養素です。
ビタミンAが不足すると肌荒れや乾燥が起こりやすくなります。
また、抗酸化作用があるので肌の老化を防いでくれます。

ビタミンB

ビタミンBの特にB2とB6には皮脂の分泌を整えてニキビ、吹き出物を防止してくれる作用があります。

ビタミンC

水溶性のビタミン。
レモンやオレンジなどの柑橘類、トマト、パプリカ、アセロラなどに含まれています。
メラニンを還元する作用があります。

ビタミンE

脂溶性のビタミン。
ナッツ類、アボガド、えごまなどに含まれています。

β-カロチン

体内でビタミンAに変化します。
ニンジン、かぼちゃ、ブロッコリーなどに多く含まれ、
目や粘膜などの機能を保つのに重要な成分です。

L-システイン

代謝を促し、メラニンの生成を抑制し、皮膚に沈着したメラニンの排出を助けます。
大豆、小麦胚芽、蜂蜜などに含まれています。

リコピン

抗酸化力に優れた成分。
トマトに多く含まれています。

アスタキサンチン

サーモンやエビ、カニ、いくらなどに多く含まれる成分。
優れた抗酸化作用があり、メラニン抑制の効果もあります。

エラグ酸

黄色色素のポリフェノールで、ざくろやベリー系の果物に多く含まれています。
抗酸化力が高く、メラニン抑制効果もあります。

アミノ酸

コラーゲンの原材料であり肌を作るために無くてはならないのがアミノ酸です。
肌だけでなく髪の毛もアミノ酸によって作られていて、アミノ酸は私達の体を保つためは必要不可欠な栄養素です。

美白のために必要なことはシミやくすみのもとになる活性酸素を取り除いて活性酸素を抑える働きをしてくれる抗酸化作用を含んだ食物をとることが重要です。

ビタミンなどは1日どのくらい摂取すればいい?

美白になる成分はわかりましたがそれをどのくらい1日に摂取すればいいのかわかりませんよね・・・。

そこで
ビタミンCを代表に調べてみました。

成人の1日のビタミンC摂取推奨量は100mgと厚生労働省が定めています。
そして、美白効果を実感したい場合は
1日300~500mg以上のビタミンCを摂取するのが理想とされています。

レモン1個には20mgのビタミンCが含まれていますから成人の場合1日にレモンを5個食べればクリアです。

しかし美白したければなんと1日25個以上のレモンが必要に・・・

普通の食事からこれだけのビタミンCは摂取困難ですよね(;_;)

そしてビタミンCは熱に弱いため加熱することによりほとんど消滅してしまうのです。

ですのでサプリメントやドリンクなどを上手に利用して美白のために必要な量を簡易に摂取してみましょう。

ビタミンドリンク

トップページに戻る
目次へ戻る

美白になれる食材

これを食べれば美白になれる?!

美白になる成分がわかったところでこれさえ押さえれば完璧?という食材をご紹介します。

トマト
トマトはビタミンだけではなく最近話題のリコピンが含まれているので強い抗酸化作用があります。
プチトマトでも十分ですのでおやつ代わりにいかがでしょう。

トマト

鶏肉
鶏肉は良質のたんぱく質が含まれていますので野菜と一緒に取り入れたいですね。
タンパク質はビタミンCと一緒に取ると相乗効果もあるんですよ!!

鶏肉

豆乳
豆乳は良質なたんぱく質だけでなく女性に不可欠なイソフラボンが豊富ですので美白になりながら女性らしさも醸し出すことができる?!

豆乳

トップページに戻る
目次へ戻る

美白に効果UPな調理方法

ジュースにする

ミキサーなどにかけ生野菜、フレッシュフルーツジュースにする方法
そのまま食べるよりも体内への吸収率がUPします。

油で炒めてソテーや、煮詰めてソースにする

緑黄色野菜や果物に多く含まれるビタミンAやEは
油に溶けだす油溶性のため油と調理することによって栄養の吸収率が良くなります。

電子レンジを活用する

野菜に豊富に含まれているビタミンCなどは水溶性のため
長い時間茹でていたりすると栄養が外へ溶け出してしまいます。
温野菜などを作る時は電子レンジを使えば簡単に短時間で蒸し野菜を作ることができます。

まとめ

美白になる食べ物は成分をよく知り
摂取量を守り
調理方法を正しく覚えて
良い成分を良い方法で摂取するべし!!

あわせて読みたい記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP